calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

categories

archives

■ trip

■ blogpeople

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2012.06.13 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

速報!日本はB組に!

2014ブラジルW杯アジア最終予選組み合わせ決定!!

日本はB組
オーストラリア
日本
イラク
ヨルダン
オマーン


A組は
韓国
イラン
ウズベキスタン
カタール
レバノン


日本代表2012レプリカユニフォームHOME 半袖
定価9,345円(税込)→エレスポ価格8,400円(税込・送料込!)
ELEPHANT SPORTS

アウェイで敗戦!

ロンドン五輪アジア最終予選 @ヨルダン
シリア2−1日本

むむむっ!
終了間際にミドルシュートを突き刺されて敗戦。
ここでの首位陥落はちと痛い(><;
残りの2試合、勝てば良いだけではなくてより多くの得点が求められる状況に。

ようやく日本代表監督決定

初のイタリア人監督、イタリア人だからって守備的な監督さんではなく攻撃サッカーを志向しているとか。

冷静になって思った

カメルーン戦を振り返る

阿部をアンカーに置き、その前に長谷部、遠藤、1トップには本田を起用(0トップに見えなくもなかったと思う)。
守備重視の現実路線。
日本人以外が見たら決して面白い試合ではなかったかも知れない。(日本人からしたら心臓に悪い試合だった)それでも時折右サイドの松井に長谷部、遠藤などが絡んでショートパスを繋いでサイドを崩そうとするシーンがあり、これが日本がやってきた事、というものも見せてくれた。
前半39分という良い時間に点を奪えたことも大きい。
リードしたことで後半無理に攻める必要がなくなり、前半同様前線からしっかりと守備をするという意思統一が出来た。もちろんチャンスがあれば追加点を狙う。

日本のゴール近く、直接狙えるような位置でファールをせず、カメルーンにFKを与えなかったのも大きかった、それだけ集中し、後手に回らずしっかり守れたということだろう。
次のオランダ戦ではより攻め込まれる時間が増え、ピンチも多いだろう、厳しい試合になるのは間違いない。
カメルーン戦同様、集中し、選手同士声を掛け合い、チーム一丸となって勝ち点3を目指してほしい。

ゴールを決めた本田がベンチに駆け込んだシーン、試合終了時、ピッチ上の選手以上に喜んだベンチの選手たち、肩を組んで君が代を歌う選手たち(こんなシーンは初めて見たかも)、チームが一丸となっている証ではないだろうか。4年前にはなかった一体感が生まれている。

ところで…
FIFAワールドカップ JR渋谷駅前で一部サポーターが騒ぎ出し警察官と衝突−フジテレビ
こういう輩はサポーターではない。ただ騒ぎたいだけでしょ。8年前から成長してないな。

練習試合の結果は?

ジンバブエと30分×3本と練習試合をした日本代表結果は…
本田1トップも連係イマイチ…練習試合は無得点

なんとトータル0−0の引き分け!!
迷走中〜

<< | 2/24PAGES | >>